ネクタイの結び方の印象 - ネクタイの色や柄の選び方

ネクタイの結び方の印象

subpage01

ビジネスシーンでは、スーツにネクタイが一般的な装いです。
そのシーンに合わせて色柄などを選ぶことは普通ですが、それに加えて結び方にも気を使う必要があります。

評価の高いネクタイについて気になる方はこちらです。

しかし、ネクタイをあまりしないまま会社に入ったという新入社員も多いと思います。
そんな人は、それぞれの結び方の印象などを覚えてビジネスに利用することがオススメです。



ネクタイの基本的な結び方になるのが「プレーンノット」です。
プレーンノットは、ほとんどの人が知っている結び方で、結び目が小さくすっきりとした印象になります。

近年ではあまりきつ結ぶよりもふわっと緩めに結ぶ方が流行しており、ネクタイが傷みにくいというのもメリットの結び方と言えます。



「ダブルノット」は、プレーンノットよりも少しだけ縦に長い結び目なのが特徴です。

細いタイプやインポートのものなどで少し長く結びたいときに行うと決まるため、覚えておくと重宝する結び方になります。
「ウィンザーノット」はしっかり固く型崩れしにくい結び方です。
やや横幅に広がった逆三角形を作ることができ、ボリュームのある結び目を作れます。ワイドカラーやホリゾンタルカラーなど襟開きが大きいシャツに合わせるとおしゃれな雰囲気になります。「セミウィンザーノット」は、ウィンザーノットよりも小さく程よい大きさの結び目になります。

レギュラーカラーでもワイドカラーでも違和感なく身につけることができ、勝負用のネクタイを締める時にオススメです。